パチンコ・パチスロ 男性ライター&演者 パチスロ必勝本ライター

辻ヤスシ 麗奈との関係は?父親や出身大学ブラック企業など詳細プロフ!!

更新日:

 

こんにちは。@PERORIN02です。

今回は人気パチスロライターの辻ヤスシさんについて書いていきます。

ライターになる前は何をしていたのか?ライターになった経緯や好きな女性のタイプなど詳しく紹介していきますので、お付き合いよろしくお願いします。

 




 

辻ヤスシ プロフィール出身高校と大学

 

 

ライター名 辻ヤスシ
生年月日 1985年1月21日 33歳 2018年5月現在
出身 埼玉県
本名 辻泰史
所属 パチスロ必勝本

 

パチスロライターになる前

辻ヤスシさんは中学2年生から大学卒業まで約9年間、野球部で頑張ってらっしゃたようで、今の時代では話せないような、かなり厳しい上下関係と指導を受けていたとおっしゃってました。そのせいか、かなり我慢強くMっ気があるようです。

意外に遅い野球部デビューですが、それまでは水泳をやっていたそうで選手コースで小学校を卒業するまで続けていたみたいですね。その後これまで水泳という個人競技をやっていた事から今度は団体競技をしようと考えますが後に話に出てくる偉大な父親の後を追うのは嫌だという気持ちがあり中学1年生の時は部活に空白の1年が出来てしまったとの事。

中学2年生の時に周りから親父が凄い人なんだから野球やれよと誘われ父親に野球部に入る事を報告すると、3日後には自宅に新品のグローブが届いたそうです。お父様も相当嬉しかったのでしょうね。

しかし中学2年生という遅い時期から野球を始めた辻さんは当然、周りより下手で中学時代は代打で2試合しか出場できなかったそうです。

川越商業高校でも野球を頑張り大学に進学する際には野球のセレクション(能力を見極める為の試験)に参加し野球特待生として立正大学に進学します。

大学時代の野球部は月に2.3回の休日があったそうで、そういう時にパチスロをして遊んでいたようですがパチスロの出会いは18歳の時に某有名野球選手の自主トレに付いて行ったところ、そこで某有名選手からスロットの遊び方を教わりハマっていったようです。野球選手って結構パチンコパチスロ好きな人が多いですもんね。

膝の大きな怪我を1年生の時に経験されたよう手術をし長いリハビリ生活に入ります。特待生で入学している辻さんは退学するか自分でお金を払って大学を続けるかという選択を迫られますが野球部のマネージャーをするという選択をし3年間マネージャーを全う。膝の怪我のリハビリは大学卒業間際まで続いたみたいですね。

大学4年の10月に野球部を引退し野球選手という道を諦めますが急にイキがってしまったようで長髪にしたりサングラスを掛けたり暇なときはパチスロを打って飲んでと遊び回ってしまったとのこと。

 

大学卒業後はご自身の夢を叶える為、お金を貯めるという目的だけで某有名運送会社に入社されたようですが、そこが朝6時から夜の11時くらいまで残業代を払わず働かせる超ブラック企業だったそうです。しかし2年間きっちり働きお金も貯まって退社されたという事です。ちなみに辻さんが働いていたブラック企業にはお父様のコネを使って入社したと語っておられました。

 

辻ヤスシの父親・辻発彦監督・監督になった経緯

 

一流企業に口利きできる辻さんの父親とは一体誰?って思うでしょうが、辻さんの父親は西武ライオンズの黄金期を支えた辻発彦さん。現在の埼玉西武ライオンズの監督です。

プロ野球に詳しい方なら、ご存知の通り主に1番打者として首位打者を獲得したり守備ではゴールデングラブ賞の常連で走塁では日本シリーズ対巨人戦での伝説の走塁など走攻守全て備わった超一流プレーヤーでした。黄金時代のライオンズには辻監督の他、秋山、清原、デストラーデ、石毛、伊東などスタープレーヤーばかりの最強チームでした。現在のライオンズはけっして強くはありませんが辻監督になってから良い方向に向かっていると感じていますので頑張っていただきたいですね。

辻さんはコネで入社したと言われてますが、父親である辻監督は現役時代は1億円プレーヤーで当然お金を持っておられるのですが、息子である辻さんに対してお金の事はかなり厳しかったようで同級生よりお小遣いも少なく、好きな事をしても良いけどお金は1円も出さないという教育方針だったようです。偏見になるかもしれませんがお金持ちや有名人の子供は甘やかされて育ったり勘違いして天狗になる人も多いですが、辻さんは厳しく育ててもらったおかげでしょうか、非常にまじめで誠実な印象の方です。

辻監督も今でこそ監督をやられてますが、選手時代も移籍などで年俸が大きく上下したり引退後もコーチ業が無い時は年に数回の解説のみで収入を得たりと周りが思っているほど楽なものではないでしょうし、派手な生活を送っている訳ではないようです。

ちなみに辻監督はお小遣い制のようで、その中で若手選手にご飯をご馳走したりしているそうですから大変でしょうね。

改めて本当に良きお父様だなと思います。

辻さんも本当に良い人で元々は中日ドラゴンズファンでしたがお父様の事が心配で西武ライオンズを応援するようになり、応援グッズやチケットなどは簡単に貰えるそうですが『ファンは球団にお金を落としてなんぼ』という考えから全て自腹で購入しているんだとか。シッカリされてますね。

裏話ですがライオンズの監督をする前はドラゴンズのコーチをされていてドラゴンズのGMである落合博満さんから手腕を高く評価されており辻さんの流出は避けたいと思っていたらしいですが、コーチでなく監督のオファーなら良いよという事でライオンズ監督になる事が決まったようですね。

 

将来の夢

 

将来の夢の為にブラック企業で2年間働きお金を貯めて退社された辻さんの夢とは柔道整復師』を目指す事だったようです。

柔道整復師は国家資格が必要で、お仕事としては整体師であったり接骨院の先生であったりスポーツトレーナーとして選手に帯同したりと幅広く活躍できる資格のようです。辻さんは野球に携わりたくて柔道整復師になりたかったようですが、専門学校の1年生の進級テストを体調不良で受けられなかったらしく留年になるとまた1年分お金が余計に掛かる事から断念したようですね。お金を親からでも借りればいいじゃないかと思う人いるかもしれませんが、先程も書いた通り父親である辻監督は好きな事をして良いけどお金は1円も出さないという教育方針だったので諦めたそうです。辻さんも言えば出してくれたと思うけど言う気にはならなかったそうですよ。

 

パチスロライターになったきっかけ

 

ブラック企業での2年間と専門学校時代はお金もなくパチスロは打ってなかったようですが専門学校を中退して1年分の学費が浮いたので久々にパチスロを打つと新鬼武者で8000枚出たようでそこからパチスロ漬けの生活になったとおっしゃってました。パチスロの腕前も上がったようでスロプロとして生活している時にブログを開設されたようです。パチスロライターさんがスロプロ時代にブログを始めるのは定番なんでしょうか?結構多い気しますね。諸積ゲンズブールさん松本バッチさんもスロプロ時代にブログをやっていました。

ブログを書くようになってから他の人のブログが気になったり上手く書けるようになりたいと感じて色々勉強され、最終的には文章を書く事が好きになりパチスロライターになりたいと思ったそうです。ありとあらゆるパチスロ雑誌に履歴書を送って現在所属されているパチスロ必勝本に入る事が決まったのですが面接の時に「編集はどうですか?」と聞かれますが、そこは意思を貫いて「ライターにしか興味はありません」と言ったそうです。

パチスロ必勝本に入られたのが2011年なので2018年現在ライター歴7年になりますね。

 

パチスロライターとしてのスタイル

 

最初はフリーなのに研修期間があったようで当然の事ながらデータ取りが主だったようですが、どんな無茶なスケジュールでも断らず仕事していた辻さんは編集部から信頼されるようになったようで7ヵ月の研修期間を終え、やっと誌面を任されるよになったようです。ちなみに今の必勝本には研修期間は無くいきなりにでも活躍できるチャンスはあるようですよ。

辻さんは機種ありきというスタイルのライターさんですがキャラが無いと言われる事もあったようです。しかし最近ではイジられキャラも定着してきて先輩、後輩問わずイジってくれるライターに感謝しているとおっしゃってました。ご自身でM体質と言われるだけあってイジられるのが向いているのかもしれませんね。

ライターとしてこの台のこういう部分が面白いというのを伝える事に信念を持っている辻さんは見てもらいたい演出が出るまで打ち続けるなど実戦でかなりお金を失うようで仕事は多いけどあまりお金が貯まらないとおっしゃってました。

ギャラ割れ(ギャラよりパチスロの負け額が多い)の仕事も多いそうですよ。売れっ子ライターさんでも結構大変なんですね…

現在はライティングと映像の仕事の比率は1:1のようでライティングでは機種ライターとして機種ものや一冊本を書かれています。

映像でもパチテレ必勝本WEB TVを中心に大活躍されてますが、ライティングと映像仕事がこれだけあると寝る暇も無い事があるそうですよ。ただ、ご本人はこれだけ仕事を任せてもらえる事は楽しいし充実していると、おっしゃってました。

これだけお忙しいのに貴重な休日でもパチスロを打って勉強されるそうです。

辻監督もこっそりスカパーを契約したり必勝本を買って辻さんの活躍を応援しているそうです。

誠実な辻さんにも共演者で嫌いな人がいるようでスッタフさんに失礼な態度をとる人だそうです。必勝本の後輩にいるようで注意した事もあるんだとか。

必勝本の男性陣は体育会系で上下関係はシカッリしていますし、そういう事には厳しそうですよね?

ご本人的には真面目過ぎるところが弱点だとおっしゃってましたが個人的には辻さんは今のまで全然良いと思いますしスタイルは変えて欲しくないですね。

 

好きなタイプの女性は?

 

辻さんは結構シャイなタイプで女性ライターさんのように綺麗な方の前では緊張してしまうようです。キャバクラのような非現実的な場所では大丈夫のようですが、ガールズバーや合コンなどではテンパってしまって何を話していいか分からなくなるそうです。ピュアな性格なんですね。

理想のタイプはひまわり畑で白いワンピースに麦わら帽子が似合う清楚な女性がお好きなようです。有名人でこの理想に近いのが約8年間推しいるAKBの柏木由紀さんらしいですよ。私にはさっぱり理解できませんが…辻さんいわく柏木さんの腹黒い部分も好きなようで理想としては清楚な見た目で腹黒い女性がお好みのようです。

元々がAKBファンのようですしパチスロAKBについては凄く詳しいですからね。雑誌でも担当されてるはずです。

 

主な出演番組・麗奈

 

・辻ヤスシのヘルズミッション

・エースをねらえ

・TAI×MAN

・パチスロバトルシリーズ~シーズン3

・有吉反省会

・闘え!パチスロリーグ

 

辻さんレギュラーもゲスト出演も多く売れっ子ライターになられましたね。動画以外の仕事も断らずやられているので相当お忙しいと思うので身体の方は気を付けていただきたいですね。

口下手ですがいつも真面目な辻さんの人柄が動画から伝わってきます。

地上波放送の有吉反省会にも出演されて知名度を上げられましたね。

個人的に印象に残っているのがパチテレで放送されていた『青山りょうの優しく拭いて』に出演された際に辻さんの女性が苦手克服プランという企画の中でニューハーフタレントの麗奈さんと共演して胸を揉んだりキスをされていたのが印象的です。顔が真っ赤になっていましたからね。最後には麗奈さんの自宅に泊まりに行くことになり、ふたりっきりでベットに入っていましたね。

その後の事はご想像にお任せしますとおっしゃってましたが何かあったのでしょうか?

この番組の放送後Twitterのフォロワーも500人増えたらしいので視聴者にもかなりのインパクトを与えたようですね。

その後も麗奈さんがサイトセブンのキャプテンタックのオープニングトークで辻さんの事を好きとおっしゃってました。

しかし、麗奈さんはトラマッスルさんとホテルに行かれた事もあるので、どちらが本命なのかは分かりません。

 
MONDO TVのパチスロリーグは長寿番組ですが、そのパチスローリーグの新シーズンである【闘え!パチスロリーグ】の出演も決定しています。

木村魚拓さん嵐さん倖田柚希しゅりさんに辻さんを含めた5人でのリーグ戦が非常に楽しみですね。

Twitter

 

パチスロライターの辻ヤスシさんについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

有名な父親を持ちながらも非常に誠実で真面目な辻さんはパチスロライターとしても、その性格から信頼を得ているようですね。俗に言う二世とは違って自分の力でライター業界で活躍されているのは好感が持てます。

尊敬しているのが必勝本の先輩でもあるマコトさんや瓢さんらしいので、マコトさん瓢さんを超えるようなライターさんになって欲しいなと思います。

Twitter:@t_yasushi007

関連記事

関連コンテンツユニット




New★Approach


-パチンコ・パチスロ, 男性ライター&演者, パチスロ必勝本ライター

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.