パチンコ・パチスロ 男性ライター&演者

人気パチスロライター木村魚拓の嫁は!?年収1億超え!?頭が良く優しい男

更新日:

 

こんにちは@PERORIN02です。

今回は超人気パチスロライターの木村魚拓さんについて書いていきます。

ライター界のトップを走り続ける木村さんは一体どんな人物なのでしょうか?

人気の秘密や経歴など詳しくご紹介していきますのでお付き合いよろしくお願いします。

 




 

木村魚拓プロフィール

 

 

ライター名 木村魚拓
生年月日 1972年1月21日 46歳 2018年5月現在
血液型 A型
出身 イングランド
本名 木村智則
所属 パチスロ必勝ガイド

 

 

木村魚拓プロフィール

 

木村魚拓さんのプロフィールは出身地からツッコミを入れたくなりますがイングランド出身というのは事実のようでご本人が父親の仕事の影響で3歳までイングランドで過ごしていたとおっしゃってました。木村さんの場合、ご本人の口から聞いても疑ってしまいますが事実なのでしょうか

小学生の頃までは勉強せずとも一番頭が良かったようですが今の木村さんからは想像できないほど太っていました。毎日牛乳を2リットル飲んでいた影響というのがご本人談。

今でも下半身は細いけどポッコリお腹のようで最大でウエスト100cmまでいった事もあるそうです。番組見てる限り100cmもあるように見えないので少し痩せられたのかもしれません。

若い頃はチーマーだったと噂されてますが少し悪かったくらいで、そこまでではないとおっしゃっています。

パチスロライターになる以前は大学も卒業されサラリーマンをされています。

20歳の時に友人に誘われパチスロを覚えますが直ぐにはのめり込まず、成人式の日に車で事故を起こしお金が必要になったのでパチスロで稼ごうと思ったんだとか。この時の木村さんは目押しもできない状態で月間50万円勝つなどパチスロはチョロいなと感じたそうですが年間収支でプラスを叩き出したのは後にも先にもこの年だけだそうです。流石、負け組界のスーパースター木村さんですね。

サラリーマン時代はビール会社で営業職をされていたそうですが仕事中に営業に行かず海に行ったりと、この頃から破天荒な部分はあったようですね。約1年働いたようですが1995年にパチスロ必勝ガイドに採用され2018年現在ライター歴23年の大ベテランであり大御所です。

ちなみにパチスロ必勝ガイドの面接では同じ日にういちさんも面接を受けているので年齢は木村さんが先輩ですが同期という事になります。

お盆休みで泊りがけでゴルフに行っていましたが着替えを取りに自宅へ帰った時タイミング良く編集部から電話があり面接を受ける事になったようで、少しでもタイミングがズレていたら今の木村魚拓さんは存在しなかったかもしれませんね。

この時の面接で採用されたのが木村さんとういちさんの二人だけなので、やはり当時から光るものがあったのでしょう。木村さんが先に合格してライター枠で採用となり、後で面接を受けたういちさんはライター志望でしたが木村さんがライター枠で採用となった為、編集部員として採用される事になったようです。面白い因果関係ですね。

木村さんはビールメーカーで勤めていたので簡単に今日辞めますという事になるはずもなく必勝ガイドに1ヵ月猶予を下さいと頼みますが「もういらない!」と言われ2週間ほどでビールメーカーを退職し必勝ガイドに入られたようです。無茶苦茶言う会社ですね…

ライター名は木村魚拓之介→木村魚拓Vを経て現在の「木村魚拓」になります。命名したのは沖ヒカルさん。今では木村さんが新人のライター名を考えてあげる事が多いですよね。

 

データ取り・目押しが出来ない!?

 

木村さんも新人の登竜門的なデータ取りを長くやられたそうですが毎日設定の無い台を終日打つ事で金銭的に相当苦しかったようでコンドルで食べていたそうです。

しかし当時の木村さんはボーナス絵柄も見えないほど目押しが苦手だったようで相当訓練されたみたいです。仕事の事も勿論あるでしょうが当時の台は目押しが出来ないとメダルの獲得枚数BIG1回で100枚200枚変わる事なんてザラでしたから努力して克服されたのでしょう。

記事デビューは山佐の『セブンリーグ』だったようですが当時はホールにデータ表示器も無い所が多く、ゲーム数を数えるのも初めてで間違っている箇所も沢山あったはずとおっしゃってました。

原稿も1年間は手書きだったそうですが「編集部の人からは打ち込むのが手間だから手書きの人はワープロなりパソコンなりを購入してもらわないと困る」的な嫌味を言われてMacを購入したそうです。

しかし木村さんにも不遇の時代があったようで半年間ほどライティングの仕事を貰えない事があり相当悔しい想いをされたそうです。

当時のガイドの記事の書き方などに疑問を持っていて自分だったら、こういう風に書くなと思いながら雑誌を読んでいたとの事。

そこからの木村さんは周りからも評価され始めます。しかしご本人的には努力したというより、やっていくうちに慣れてきた事が大きかったとの事。努力していないとおっしゃってますが、他の人とは違う視点を持ったり色々考えながらやっているので頭の良い人だと感じます。ある程度、自分で文章の構成を組み立ててから書いた方が楽なんだとか。木村さんの文章は起承転結がきっちりしていますし、いきなり書き始めるより効率的なのは納得できますね。

ライティングは基本的にお好きなようで2014年には車雑誌からの原稿依頼が来ますが返信する前に原稿を書いてしまうほど違う業界からのオファーが嬉しかったとおっしゃってました。

1999年頃からライティングの仕事も増え2007年からは本格的に映像の仕事を開始されます。

 

結婚は!?嫁は誰なのか!?

 

木村さんの映像での姿を見ると破天荒で下ネタ満載なので独身者のような振る舞いに見えますが結婚されています。あまり奥様の話題を出さないのは一般の方だからでしょうか?木村さんはそれなりに遊んでいますし番組でもそういう話を平気でする人なので、それを許している奥様は相当心の広い方なのでしょう。木村さん自身も本当は優しい人なのでプライベートでは奥様の事を大事にする愛妻家なのかもしれませんね。

しかし、朝も早いですし付き合いのいい木村さんの事ですから夜も遅く仕事柄泊まりも多いので奥様は大変でしょうね。合コン日本代表と豪語するくらい遊んでいたようなので気が気じゃないでしょう。

離婚されたという噂もありますが真偽は定かではありません。気になるのは木村さんが可愛がってるパチンコ必勝ガイドのマリブ鈴木さん「今度の引っ越し先のマンションの部屋が余ってるよ」と言ったそうですが結婚している人がいくら可愛がって面倒を見ている後輩だとしても家に住まわせるでしょうか?自分が木村さんの奥さんなら勘弁してほしいですね。今でも木村さんの自宅には人がよく泊まりに来るそうですが一番泊まっているのがマリブさんだとおっしゃってました。

 

主な出演番組

 

・黄昏☆ビンビン物語

・木村魚拓の旅打ちってやつは

・魚拓とヒカルのトーキングヘッド

・木村魚拓の窓際のむこうに

・パチンコLAB

・どうにか貧乏家族

・魚拓&ヒカルのライターナイトスクープ

・海賊王船長タック

この他にもまだまだ沢山の番組に出演されています。間違いなくライター界トップの番組出演数でしょう。これだけ番組を持っても、あと5つ番組を増やしたいとおっしゃっていましたが一体何が目的なのでしょうか?お金はもう相当稼がれてますし、この業界では地位も名誉もありますし身体を休められたほうが良いと思いますが本人にその気は無いようですね。仲の良い沖ヒカルさんとは対照的です。

 

木村魚拓さんが黒歴史になるんじゃないかと思った番組

 

木村さんのおすすめ番組は有料動画やCSに多いので気になる方はご覧になって下さい。

 

破天荒だけど実は頭が良くて優しい男

 

木村さんの場合はただ番組を頼まれるだけではなく企画に携わってるものが多く、ある程度の権限も持っていらっしゃると思うのですが、そこに番組を増やしたい意図があるような気がしています。あくまでも私見ですが。

番組では盛り上げる為に破天荒に振舞ったりしていますが空気を読むのが上手くMCとしての回しも抜群で非常に頭の良い人だと思います。共演者でも既に売れているライターさんより芽が出ず苦しんでるようなライターさんや若手に話を振ったりフォローしている姿が印象的です。そういうライターさんを雑誌問わず自分の番組に呼んで売れるキッカケを作ってあげてるように見えますが与えられたチャンスを物に出来る人が少ないですよね。個人名は挙げませんが木村さんと同じ雑誌のSさんやYさんなどは幾度となくチャンスを貰ってるように見えますが全然駄目で流石に面倒見のいい木村さんも匙を投げるんじゃないかなと思って私は見ています。

パチスロ必勝ガイドのライターさんは個性が強くまとまりが無い印象ですが一番個性のある木村さんが一番周りの事を考えてるように思うんですよね。番組を増やしたい理由にもそういう人達を番組に呼ぶ機会を増やす為にという部分もあるのではないでしょうか?考え過ぎですかね?

 

木村魚拓の年収は1億円?

 

人気ライターであれば年収1000万円を超えている人が多いので一見すると華やかな世界に感じますが、このレベルで活躍できるのは数多のライターの中でも、ほんの一握りです。殆どのライターが仕事が無く10連休なんて当たり前の世界ですからね。その為、夢や希望を持ってこの業界に入っても若くして去っていく人が多いのです。特に女性ライターは男性とは違いビジュアル面を求められる事も多く男性以上に寿命は短いと言っていいでしょう。

テレビや動画でよく見かけるライターさんはトップ中のトップという事になりますが、その中でも群を抜いているのが木村魚拓さんです。単価も高いでしょうが休日が年末年始しか無いと本人がおっしゃってますので年間300日を優に超えるほど働いているという事になります。仮に木村さんと同じくらい需要があって仕事を貰っても、こなせるライターさんはいないでしょう。映像だけでなく文章も素晴らしい木村さんはライターとして全てを兼ね備えていると言っても過言ではありません。つまりライターとして稼げる限界に到達しているのではないでしょうか?

1ヵ月休みがあったら目覚まし掛けずに起きて、そこからパチスロを打って食事をしてネットサーフィンして寝たいとおっしゃってましたが、これだけ働いていると普通の事が幸せに感じるのかもしれませんね。海外に行きたいとかそういう趣味はないそうです。

木村さんよりキャリアの長い、ある大物ライターが医者より稼いでると某番組で発言していましたが勤務医、開業医合わせた平均年収が約2000万円と言われていてる事から3000万円程度は最低でも稼がれていると推測できますが、その大物ライターより遥かに仕事の多い木村さんの場合は5000万円は軽く超えていると思われます。1億円プレーヤーかもしれませんよ。そこらの安いタレントなどでは到底稼げない金額です。

1回の来店のギャラは100万円を下回る事はないでしょうし個人事務所をやっていれば丸まる懐に入ってきます。仮に個人事務所ではなく雑誌や仲介業者に抜かれたとしても相当な金額になる訳ですが、仕事がデキてこれだけ働いていれば高いとは感じませんね。

高級マンションでも高級車でも好きな物を選べるでしょう。

ただ前述の通りこのレベルに到達するのは無理ですし人気ライターとして長く活躍できるのも一部の方だけです。ライター志望の方は変な夢を見ないようにしましょう。

 

女性ライターはろくなのがいない?

 

先程ライターの稼ぎの話の中で女性ライターは男性ライター以上に寿命が短いとお話しましたが、今人気のある女性ライター達がこぞって高級バッグを持っている事が滑稽だとおっしゃってましたね。自分達が寿命の少ない職業だと理解せずに高級品を買っている事に対しての発言だと思いますが妙に納得できたというか意外に危機感が無いんだなと思いました。年齢を重ね、そこに可愛くて知識もある新人が入ってくれば簡単に沙汰される世界ですからね。勿論、自分の稼いだお金を何に使おうが自由ですが。

木村さんは文章が素晴らしいので言葉にも結構な重みを感じるのですが一番印象に残ったのが「ライター業界で生き残る人は結局、人としてきちんとした奴でどこの業界でも同じだと思う」という言葉でした。木村さんが人気があるのは面白いとかだけではなく業界内でも慕われてるからなんでしょうね。きっと制作の方達とかにも気遣いや礼儀がきちんとした人なんでしょう。

 

Twitter

 

人気パチスロライターの木村魚拓さんについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

木村さんのキャラは好き嫌いハッキリ分かれると思いますが実際の所は人情のある優しい人で人との繋がりを大切にしているのではないかなと思っています。これだけ売れているのは単に面白いとかキャリアが長いという理由でなく業界内での信頼があるからだと思いますね。木村さんにチャンスを貰っているライターさんは是非、結果を出して期待に応えていただきたいですし、木村さんはタフなのでしょうが身体に気を付けて頑張っていただけたらなと思います。

Twitter:@kimuragyotakuG

関連記事

underad




underad




関連コンテンツユニット

New★Approach


-パチンコ・パチスロ, 男性ライター&演者

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.