パチンコ・パチスロ

特定消費料金訴訟最終告知のお知らせは詐欺ハガキ・地方裁判所管理局は存在しない?

投稿日:

 

こんにちは@PERORIN02です。

今回は新手のなりすまし詐欺について書いていきます。

2018年10月に入ってから【特定消費料金訴訟最終告知のお知らせ】というハガキが送られてくるケースが増えているようです。

身に覚えが無くても、このようなハガキが来れば不安になりますよね。

しかし、慌てる事はありません。

これから、このハガキについて詳しく書いていきますので落ち着いて読んでみてください。

 




 

ハガキの内容

 

特定消費料金
訴訟最終告知のお知らせ
管理番号(あ)1234

 

この度、ご通知致しましたのは貴方の利用されていた契約会社、ないし運営会社から契約不履行による民事訴訟として、訴状が提出されました事をご通知致します。

裁判取り下げ最終期日を経て訴訟を開始させて頂きます。

尚、ご連絡なき場合原告側の主張が全面的に受理され執行官立会いの元、給料差押え及び動産、不動産物の差し押さえを強制的に履行させて頂きますので裁判所執行官による執行証書の交付を承諾していただくようお願い致します。

裁判取り下げなどのご相談に関しましては当局にて承っておりますので、職員までお問い合わせ下さい。

尚、書面での通達となりますのでプライバシー保護の為、ご本人様からご連絡いただきますようお願い申し上げます。

※取り下げ最終期日 平成30年10月〇日

 

地方裁判所管理局

東京都千代田区霞が関1-1-3

お問い合わせ窓口 03-〇〇〇〇-〇〇〇〇

受付時間9:00~19:00

 

このような内容になっています。

もっともらしい事が書いてありますが、裁判などの重要な事項を伝える場合ハガキで伝える事は無く必ず封筒で届きます。

プライバシー保護の為という一文があるにも関わらずハガキの裏面にはハッキリと「訴状が提出されました。」など他人には知られたくない内容が書かれていますね。郵便局の配達員に丸見えです…笑

そして、ハガキが届いた翌日か翌々日が取り下げ最終期日となっているのが如何にも怪しい💦

そもそも地方裁判所管理局というものも存在しませんしね。

 

対応と気を付けるべき事

 

まず気を付けるべき事ですが管理番号とお問い合わせ窓口の電話番号は届いた人によって違うようなので、この記事に書いてある番号と違うから本物なのではないか?というような心配はいりません。ハガキの内容が同じであれば全てなりすまし詐欺です。

 

次に対応ですが間違ってもお問い合わせ窓口に電話をしない事。電話をしてしまっては相手の思うつぼです。

無視するか、どうしても不安な方は警察か消費者センターに連絡すると良いでしょう。基本的には無視が一番だと思いますが。

 

前述の通りお問い合わせ窓口の電話番号は数パターンあるようなので現在分かっている番号を記載しておきます。

03-6429-7947

03-5924-6565

03-6907-0808

03-6384-4845

03-6371-3815

この他にも沢山あるみたいですね。

もう一度言います。

絶対に連絡しないようにしてください!!

 

それともう一つ、これは個人的な意見ですが家族と同居されている方で家族に騙されやすい人や心配性な人がいる場合はハガキを見せるのは止めておいたほうがいいと思います。

こういうタイプの人は不安になって電話をしてしまう可能性が0ではありませんので、ご自身でハガキがなりすまし詐欺だと理解できたらそこで終わりにしましょう。

過去にパチンコや競馬などのギャンブルで借金をしたり人に言えないような事をしてしまっている人ほど後ろめたさもあり、このような詐欺を信じてしまいがちだとは思いますが、まずは落ち着いて判断しましょう。

関連記事

関連コンテンツユニット




New★Approach


-パチンコ・パチスロ

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.