パチンコ・パチスロ 男性ライター&演者 パチンコ必勝ガイドライター

安田一彦ブログサイト立ち上げ!!年齢や結婚は?詳細プロフィール公開!!

投稿日:

 

こんにちは@PERORIN02です。

今回は誌上プロの安田一彦さんについて書いていきます。

業界歴はが長く大ベテランですが誌上プロという事であまりメディアへの露出は多くありません。

ある程度、年齢を重ねているパチンコファンであれば安田さんの事をよく知ってらっしゃると思いますが若いパチンコファンは名前は聞いた事があるという程度の認識しかない方が多いと思われます。

経歴など含め安田さんについて、なるべく詳しくご紹介しようと思いますので、お付き合いよろしくお願いします。

 




 

安田一彦プロフィール

 

ライター名 安田一彦
生年月日 1963年8月15日 55歳 2018年10月現在
出身 静岡県
本名 不明
所属 パチンコ必勝ガイド

 

安田一彦さんは大学時代にパチンコを覚えアルバイト代わりにパチンコで生活費を稼ぐようになります。

安田プロに対しては勝つというイメージしかありませんがパチンコを始めて最初の2年間は負けていたそうですよ。

勝てるようになったのは大学3年になった頃からで、新規のホールで打ち止めになった台が開放台となった所を見計らって打ち、勝てるようになっていったんだとか。(安田さん曰く当時の台は癖が悪いと継続もしないので出ている台を打った方が勝てたんだとか)

大学を4年で卒業し、23歳の時に東京都の教員採用試験に合格。

埼玉県にある文教大学教育学部中等課程の英語教員となりますが教員試験の時から周りの人間より教員に対しての志が低いというのを感じていた事もあり僅か1年で退職されます。英語の教科書を辞書を引きながら読むほど英語が苦手だったみたいですよ…笑

その後はパチンコの事を勉強しようとホールに通い、ビッグシューターの右打ち攻略で釘の良し悪しが判断できるようになったとのこと。

あらゆる機種で勝てるようになりパチプロとしてある程度極めたかなという実感を持たれたようです。

 

ライターになるキッカケ

 

この頃、パチンコ攻略マガジンでライターを募集している事を知り、応募して見事合格されますが僅か1週間で辞めてしまいます。

ボーダーライン提唱者石橋達也さんがパチンコ必勝ガイドに移る事になり石橋さんから「パチンコ必勝ガイドで書いてみないか?」と誘われ安田さんは快諾。

パチンコ必勝ガイド創刊の翌年1989年から誌上プロとして執筆を開始します。

ライターになった当初は連載を3ページ任され、それだけで食べていく事は出来ないのでパチンコで日当8000円稼げればいいやという感じで生活をされていたようですね。

ずっとジグマスタイル(ひとつのホールに腰を据えて稼ぐパチンコパチスロのプロ)でやってこられた安田さんですが時代の流れと共にジグマスタイルを貫くのが難しくなっていき、それ以降はジグマという言葉は使わなくなったそうです。

それは今まで自分がやってきた事に嘘をつく事になるからという考えからのようでプライドを感じさせる言葉だなと思いました。

 

悠遊道

 

安田さんは2016年後半に【悠遊道】というパチンコ・パチスロブログ&コラムサイトを立ち上げられました。

自分が書きたい物を発進していくという事や遊技者人口減少を少しでも抑える事が出来ればという信念を持って立ち上げられたサイトのようです。

悠遊道でコラムを書いている方は多種多彩でアニマルかつみさんポロリさんなど有名ライターさんも参加しておられます。

面白い所では朝比奈ユキさんも参加されていて、最初の顔合わせで朝比奈ユキ事件の事について突っ込んで聞いてみたらしいですが安田さん自身も若気の至りで失敗した事もあるし周りの大人に踊らされた部分もあるのではないかと思ったそうですよ。

コラム以外にも動画もUPされていますし興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか?

 

誌上プロ

 

誌上プロである安田プロはパチンコで勝っていないと文章は書けないし、勝たないと生活が出来ないという事で時代が変化しても、その都度、新しいパチンコのシステムに付いていけるよう努力されてるようです。

最近、設定付きのパチンコが導入されましたが安田さんがどのように対応していくのか非常に楽しみです。

昔はパチンコで生活費を出して原稿料は貯めていけばいいやという感じでやっておられたようですが現在は原稿料も昔に比べかなり少なくなりパチンコの収支が生活に直結するとおっしゃってました。月に30万円のプラス収支を出すのが凄く大変みたいですね。

安田プロレベルだとパチンコで相当稼いで余裕のある暮らしをされているんだろうと想像していましたが意外にも現実的な生活をされてるようですよ。

結婚されていて奥様もいらっしぃますし、パチンコパチスロで小遣い稼ぎするのと専業でやるのはプレッシャーが全然違うのかもしれませんね。

しかし、プロの方にありがちな、ただ期待値だけを追って打つだけでなく今でもパチンコが純粋に楽しいと感じて打っているともおっしゃってました。

ちなみに現在は月に約17日、年間約200日ほど稼働されているとのこと。

 

番組出演

 

誌上プロという事もあり基本的には番組出演は滅多にされません。

パチスロだとしのけんさんも安田さんほどではありませんが番組出演は少ないですよね?

やはり稼働時間を確保しないといけないというのが一番大きな理由でしょうが、ガチ系番組が減ってきているというのも関係しているのかもしれません。

お世話になったパチンコ必勝ガイド編集のワッシー鷲津さんの頼みであれば番組出演を断らないらしいですが近年はテレビで見る機会も減りました。

最近だとMONDO TVの実戦守山塾和泉純さん達と出演されていましたね。

 

ブログ・Twitter

 

安田一彦さんについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

今なお現役で誌上プロとして活動されている安田さんですが時代の流れにも対応しブログサイトを立ち上げるなど新たな事に挑戦している姿は本当にカッコいいなと感じます。

大ベテランですが今後も変わらず活動していただきたいですし、偶にテレビや動画に出演していただけると嬉しいですね。

Twitter:@mankaiten

パチンコパチスロコラム&ブログサイト:悠遊道

関連記事

関連コンテンツユニット




New★Approach


-パチンコ・パチスロ, 男性ライター&演者, パチンコ必勝ガイドライター

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.