パチンコ・パチスロ 男性ライター&演者 フリー・その他の媒体JANBARI・DMMぱちタウンなど

ガリぞう ライター&スロプロになったキッカケは?新車を購入!嫁の力?詳細プロフィール付き

投稿日:

 

こんにちは@PERORIN02です。

今回はパチスロライター兼スロプロのガリぞうさんについて書いていきます。

業界の中でもトップクラスの実力を持っておられますがスロプロである為、メディアへの出演は控えめ。名前は知っているけど詳しくは知らないという方の為にもガリぞうさんについて詳しくご紹介できればと思っていますので、お付き合いよろしくお願いします。

 




 

ガリぞう プロフィール

 

ライター名 ガリぞう
生年月日 1972年3月27日 47歳 2019年3月現在
血液型 A型
出身 北海道
本名 不明
所属 フリーランス

 

北海道在住のスロプロとして有名なガリぞうさんですが、スロプロになる以前は負け組の単なるパチスロ中毒者に近い感じだったようです。

しかし、パチスロにハマり過ぎているというのを逆手にとってスロプロになり勝つ事でパチスロ中毒を克服。

 

若い世代の方達には信じられない話かもしれませんがインターネットが普及し始めた1990年代中盤は今のように検索窓に文字を入力すると自動検索してくれるようなシステムではなく、WEBサイトを探すのにも一苦労という時代でした。

そして自分のホームページをYahoo!Japanに載せてもらうのも現在のように簡単ではなく、自ら申請し許可が下りて、はじめてWEBに自分のホームページが載るという流れだったんですよ。

当時、パチスロのホームページを作成していたガリぞうさんは「パチスロ」で検索すると自分のホームページが出てくるよう申請します。

見事、Yahoo!に登録されたガリぞうさんのホームページは「パチスロ」で検索するとトップページの一番最初に表示されるという奇跡を起こします!

検索のトップに表示さると当然、ホームページへの訪問者は増え、ホームページに訪れた出版社などが仕事のオファーをくれた事が、この業界で働くキカッケになったとおっしゃっていました。

 

意外な初仕事・ライター名

 

ガリぞうさんの初仕事は1999年。意外にもパチスロのお仕事ではなく【ミニロト・ナンバーズ】の雑誌の執筆で、他業種のプロから見たミニロト・ナンバーズというお題で執筆されたんだとか。

自らの力で道を切り開いたガリゾウさんはその後もスロプロとして稼働する傍ら、パチスロ雑誌などで執筆を行い知名度を上げていきます。

代表作は連載期間16年の【プロスロ】で間違いありません。

プロスロはご自身を題材とした漫画で自分自身がパチスロを打ち始めた頃を思い出せますし、勉強になる部分も多い非常に秀逸な漫画だと思います。

一度も読んだ事が無いという方はこちらで12話分が無料で読めるみたいなので、ご覧になってはいかがでしょうか?

ちなみにライター名の「ガリぞう」はペットとして飼われている猫の「ガリにゃん」から取ったとのこと。

ブログを拝見する限りかなりの猫好きみたいですね。

動物好きに悪い人はいないと思っているので、ガリぞうさんはきっと良い人なはず♪

 

スロプロ・ブドウシミュレーター

 

スロプロとして全てが高いレベルにあるガリぞうさんですが、勝ちに対して非常にストイックな所が素晴らしいと思います。

立ち回りには信念を感じますし、知識や技術力も文句無し。

ご自身が考案された【ブドウシミュレーター】は前任者が打った分のジャグラーのブドウ確率を逆算してくれる優れもので、これを10年以上前に考案されているのですから凄いとしか言いようがありません。

機種の守備範囲は広いですが、特に【ジャグラー】はガリぞうさんの中でも一番の得意機種なのではないでしょうか?

普段、ガチ系のライターさんを見ない方にも是非、ガリぞうさんのジャグラー動画を見て欲しいなと思います。

スロット初心者にもヘビーユーザーにも分かり易く解説してくれるので得るものも大きいと思いますよ。

YOUTUBEにUPされているジャグラー動画を埋め込んでおきますね。

 

最近は下見の風景を紹介する番組も減ってきましたが、メディア出演しているライターさんの中でも下見や事前準備の内容が飛び抜けて緻密だと個人的には思っています。

兎に角、可能な限り下調べをして狙い台を絞るという感じで、逆にここまでやらないとスロプロとして生計を立てるのは難しいんだなという事を痛感させられますね。

最近、下調べではデータロボ サイトセブンのVIP会員になり活用しているそうですよ。ガリぞうさん曰く、データの洗い出しにかなり便利なんだとか。

ホール内のデータ表示器の見方も勉強になる事が多いですし本当に凄い方だと思います。

 

直近の収支・ボロボロの車?

 

パチンコ業界も厳しい時代となり、最近は出玉性能が抑えられた機種も多くホールも設定を使わないなど大きく勝ちにくい時代となりましたよね?

そんな中、ガリぞうさんの2018年の収支はこの10数年の中で一番良かったそうなんです。

ざっくりとですが

・アクロス系で80~100万円。
 
・ジャグラーで80~100万円。
 
・マドマギ初代・2で80~100万円。
 
・3×3EYESで100万円。
 
・天井狙いで80~100万円。

 

この他にも打っておられるでしょうから年間プラス500万円は軽く超えているでしょうね。

稼働がメインでしょうが、お仕事もされて今の時代にこれだけのプラス収支を叩き出すというのは凄過ぎるの一言。

この中でも3×3EYES】にはかなりお世話になったとおっしゃっていました。

 

ガリぞうさんは地元では有名なほどボロボロの車に乗り続けてらっしゃったそうです。走行距離はなんと31万km💦

車を買い替えたいと考えていましたがライター業では8年間で目標額の半分程度しか貯まらなっかたそうです。

しかし、漫画の連載が2017年で終わり、漫画に掛けていた時間を稼働時間に回した2018年は目標額の残り半分を僅か1年で貯めれたんだとか。

稼働時間に比例してプラス収支が増える、正にプロ中のプロだという事を証明していますね。

パチンコライターの和泉純さんも最近はライター業より稼働がメインとなっていますが、時給が安い今のパチンコでは稼働時間を増やすしか収入を増やす方法は無いとおっしゃっていたのでプロ同士、通ずるものがあるのかもしれません。

ちなみに、目標額を達成したので車を買い替えられたみたいですよ♪

 

内助の功・スープカレー屋

 

ガリぞうさんは既婚者ですが、スロプロとして勝てているのは奥様の力も非常に大きいようですね。

長年、一緒に暮らしているからでしょう、奥様はガリぞうさんの行動パターンを把握しているらしく打ち終わって帰ってくる頃には食事が用意されていて、食事が終わるとお風呂が沸いているというように全て先を読んで行動されているんだとか。一切のタイムラグが無いともおっしゃっていました。

ガリぞうさんは自宅から片道2時間掛かるようなホールも主戦場のひとつにされていますし、稼働時間も長く、朝一から閉店まで打つ事も多いので、タイムラグを作らない奥様のおかげで少ない時間の中でも最大限の休息を取れるのが凄く助かっているみたいですね。

 

話は変わりますがガリぞうさんの妹さん夫婦が札幌市内でスープカレー屋を営んでおられます。

お店の名前は【スープカレートムトムキキル】

ガリぞうさんも、よく食べに行かれるみたいですね。

 

写真を見ただけで美味しそうです♪

他のライターさん達が来ることもあるらしく今、一番勢いがあるであろう地獄警備員の兎味ペロリナさんの姿もありました。

 

Twitter・ブログ

 

近年はスロプロだとかガチ系のライターさんは活躍の場が減ってきましたが、そういう人達の番組を楽しみにしている方も多いと思いますので、これからも変わらぬスタイルで頑張っていただけたらなと思います。

スロプロなので普段の稼働がメインだと思いますが、可能な限りメディア出演していただけたら尚、嬉しいですね。

久しぶりに常勝理論でガリぞうさんを見てみたいです♪

Twitter:@garizo2

ブログ:ガリぞう パチスロblog

関連記事

関連コンテンツユニット




New★Approach


-パチンコ・パチスロ, 男性ライター&演者, フリー・その他の媒体JANBARI・DMMぱちタウンなど

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.