パチンコ・パチスロ 男性ライター&演者 フリー・その他の媒体JANBARI・DMMぱちタウンなど

閉店くん彼女と結婚で引退!?本名や年収は?人気低迷の理由

更新日:

 

こんにちは@PERORIN02です。

今回は『エイエイ!』でお馴染みの閉店くんについて書いていきます。

閉店くんという演者が誕生したキッカケや経歴、人物像など詳しくご紹介していきますので、お付き合いよろしくお願いします。

 




 

閉店くん プロフィール

 

 

名前 閉店くん
生年月日 1974年5月22日 46歳 2020年9月現在
血液型 A型
出身 東京出身だが埼玉で過ごした期間が長い為、埼玉出身としている
本名 内山暢(うちやまとおる)
所属 P-martTV

 

閉店くんは2006年32歳になる年にP-martTVに入社。2020年現在、業界歴は14年になります。

 

業界に入られたのかなり遅いですが、それまでは電気工事やトラックの運転手していて、その後も職を転々としタクシーの運転手を約3年間続けますが、24時間勤務の次の日が休みという働き方をしていると睡眠不足に陥る事が多く、何時か大きな事故を起こしそうだと思い、辞めることを決意。

 

その後、知り合いから誘われ中国上海の飲食店で1年間働いていた後、P-martTVを立ち上げたパチンコパチスロタレントのTERUさんから誘いを受けP-martTVに入る事を決めます。

スロットをプライベートで打っていたという事とTERUさんが閉店くんの地元の先輩で高校生の時から知っているという縁があり誘いが来たそうです。

 

PmartTVに入社する際は出役ではなくカメラマンと編集という立場で採用されたようで今でもされていますが、延々とトークをする番組がありトークだけだとキツイからという事でパチンコ店の閉店前に5分で台選びをして5分打って勝つというミニコーナーを設ける事になり、そのコーナーで出役として指名されたのが閉店くんだったとのこと。

 

最初はライターさんをキャスティングしようと思っていたらしいですが、10分しかないコーナーに呼ぶのは失礼だという事になりTERUさんから「お前がやってみろ」と言われ引き受けたようですね。

コーナーのタイトルは【閉店くん】でしたが、ずっと続ける気もなく本名である暢(とおる)の名で出演しておられました。

最初の頃はモチベーションも上がらなっかようですが続けているうちに視聴者から閉店くんと呼ばれる事が多くなり、それが定着して閉店くんという呼び名になったそうです。

 

おすすめ記事

 

閉店くんが行く!

 

少ない投資や少ない時間で勝ちたい人向けに始まった番組で前述の通り5分で台選びをし5分打つというスタイルでしたが、現在では大体、閉店25分前くらいに入店して台選びをして実戦するという形式になっています。

流石に5分では厳しすぎますからね💦

 

番組開始当初は面白さを追求する為に色々な台を打っていましたが当然、撮れ高は少なく、実戦時間を考えれば自然とボーナスの引きやすいジャグラーを打つ事が多くなっていきます。

何も知らない視聴者からはジャグラーばかりで「北電子の犬」だとか実戦ホールがマルハンが多いので「マルハンの犬」などとも言われていましたしジャグラーという地味な台でボーナスが引けない時は全く取れ高がなく番組存続の危機的なものあったそうです。

 

そんな閉店くんが演者として試行錯誤しながら辿り着いたのがBIGボーナスを引いた後の

「あれ、ここどこだっけ?○○店、いい店だね~」という決め台詞。

この台詞を言ってもらたいホールから結構な数のオファーが当時はあったようですよ。

 

閉店くんと言えば当然、ジャグラーのイメージが強いですがご本人はどのホールにもジャグラーはあるから【ハナハナ】などのパイオニアの台が置いているホールではそちらを優先して打っているんだとか。パイオニアの方に良くしてもらった事があったようで、恩返しの意味もあるそうですしジャグラーは好きだけどジャグラーの人だと思われたくないともおっしゃってました。北電子の犬ではないみたいですね…笑

 

視聴者は好き勝手言いますけどやっている人達にしか分からない事が沢山あると思いますから気にせず頑張って欲しいと思います。

しかし、短い実戦時間と短い収録時間の中で台選びするまでにかなり歩き回って、宣伝の如く「この台は何枚出てる」みたいな紹介映像はいらないですし、そういう部分がマルハンの犬と言われる原因のひとつだと思うのでやめたほうがいいような気がしますね。あくまでも個人的な意見ですが。

 

ちなみに【閉店くんが行く!】は自分で編集しているそうで編集の際に色々な気付きがあるそうです。

短い時間の実戦でストレスもあるそうですが月一で『開店くんが行く!』の収録があり、その時は閉店くんが行く!では打たないような機種を長く打てるのでストレス発散になるとのこと。

近場でない収録の際は、夕方頃に現地に入りして閉店まで打ってホテルで一泊して翌日の朝帰るというハードな生活を繰り返しているそうですが翌日も遠方で収録があったら地獄でしょうね。

 

超多忙・閉店くんが行く!をやめたい

 

PmartTVで会社員として働いている閉店くんですが月に15~20くらいの数の収録をこなしているようです。移動日も含めると休日は殆ど無く編集のほうも自分の番組で精一杯でプライベートで打つ時間もあまり無いそうですよ。

閉店くんが行く!が100回目を迎えた時にキリも良い事から「出役をやめてもいいですか?」と聞いた事もあるようで一度はOKが出されますが、その後もオファーが多く、もう少し続けてくれという事で現在に至るようです。100回でやめようとしていたのに現在は放送700回を超えていますからね。凄い事です。

偶にある休日では趣味の釣りを楽しむようで琵琶湖にバスフィッシングに行かれるとの事。梅屋シンさんもそうでしたが釣り好きな方は結構、本格的でボートで出て釣りをするみたいですね。小型船舶免許の2級を取得されてるという事で自分でボートを操縦して釣りが出来るという事になりますね。

その他アウトドアが基本的にお好きなようで登山やバイクレースもされてるようです。バイクをやっていたからTERUさんと出会えたみたいですね。やはりどの世界でも成功する人は人との繋がりに運のようなものを感じます。

 

 

パチンコパチスロ以外では競輪を競艇をやられてますがPmart競輪部Pmartボートレース部で動画も作ってらっしゃって、そこからプライベートでもするようになったみたいです。仕事キッカケだったんですね。

戦績は結構酷いらしいですが楽しくやっているそうですよ。

 

年収や今後の展望

 

タレントさんのような出役のお仕事がメインの閉店くんですがサラーリーマンという事で同じくらい活躍しているフリーのライターさんよりは収入は少ないと思います。その分安定感はありますし、少ないと言っても一般的なサラリーマンとは比べ物にならない程、稼がれている事でしょう。一説によると1本25万円という事で会社に持っていかれる配分は大きいでしょうが、かなりの年収になりそうですね。1500万円を下る事はないでしょう。

趣味を活かした釣り番組をやってみたいという気持ちは少しあるそうですが、あまり貪欲ではない性格のようで自ら企画を出したりする事も殆ど無いようです。

これだけ多趣味であれば色々できそうですが他の事を考える余裕も無いくらいお忙しいのでしょう。

多忙が関係しているかは分かりませんが2018年3月には盲腸を手術し結構な期間入院生活を送っておられたので身体の方も大切にしくれたらなと思います。

 

ガッフレンと結婚!!引退!?

 

閉店くんは2017年8月に約8年という長い交際期間を経て結婚されています。

 

交際している事はブログや動画内でも公にされており彼女の事をガッフレンと呼んでらっしゃいます。

彼女があげまんの手相だとかデートの様子などを公開されていて多少のろけ話にも聞こえますが仲睦まじい様子で微笑ましく感じていました。

これだけ長い交際期間を経ての結婚なのでお互いの事はよく分かっているでしょうし、結婚生活も上手くいくのではないでしょうか。

閉店くんも実年齢より若く見えますし奥様もお若く綺麗ですが一部のファンからは二人の見た目がよく似ているなどとも言われてました。

 

確かに目元がにているような気もしますね。

 

一時期、病気で引退するなどと騒がれましたが全くのデマですね。

一体どこからこんな噂が出たのでしょうか?
今も忙しく仕事をされています。しかしブレイクした頃よりは勢いも無くなってきたというのも事実かもしれません。動画の再生回数などにも表れていますし、飽きられたという部分も大きいでしょう。この件に関しては次の項目に書きたいと思います。

 

主な出演番組

 

・閉店くんが行く!

・開店くんが行く!

・笑う門には福きたる

・競輪部

最近ではPmartTV意外にも様々な媒体の方とも絡みが多い印象です。

テレ玉の王庭伝説増刊号王庭伝説外伝にもゲスト出演され普段ネット動画を見てない層の人達からも知名度は上がったのではないでしょうか?

先程少し触れましたが正直、既存の出演番組もマンネリ化してきていると思いますし、色々考える時期かもしれません。閉店くんはライターではありませんが番組出演する以上はそれなりのものを求めてくる視聴者も多いので他の有名ライターさんとの共演は勉強になると思いますし新たな発見があるかもしれませんので積極的にやってみるの価値はあると思います。

企画もですし閉店くん自身も少し変化が必要かもしれませんね。毎回同じ映像を見ているような気分になるのは私だけではないでしょう。

 

 

Twitter・ブログ

 

PmartTVの絶対的エース閉店くんについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?

様々な経験を経て業界入りは30代になってからという遅いデビューでしたが瞬く間に人気者となり休む暇もないほど仕事が充実しているようです。

ご本人は休みなく働いてきたから忙しくしてないと不安になるとおっしゃってましたが適度に休みを取りながら頑張っていただけたらと思います。

元々が裏方として入社されてますし発想が豊かな人なのでこれから、また新な一面を見せてくれる事を期待しています。

Twitter:@heitenkun

ブログ:閉店くんオフィシャルブログ

関連記事

関連コンテンツユニット




New★Approach


-パチンコ・パチスロ, 男性ライター&演者, フリー・その他の媒体JANBARI・DMMぱちタウンなど

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.