パチンコ・パチスロ

P-SPORTSは受け入れられるのか?超ディスクアッパー選手権のルール

投稿日:

 

こんにちは@PERORIN02です。

先日、パチンコパチスロメーカー大手のサミー株式会社が【P-SPORTS】の第一弾として「超ディスクアッパー選手権」を開催すると発表した事をご存知でしょうか?

今回はこの【P-SPORTS】についての個人的な思いを書いていくので、お付き合い頂ければ幸いです。

 




 

P-SPORTSとはなんぞや?

 

こんな言葉が聞かれそうなので簡単にご説明しますと、パチンコパチスロを遊技する上での必要なスキル(目押しなど)をSPORTSと捉え、今までにない新しい競技カルチャーとして定義するという事らしいですよ。

既に【P-SPORTS】という言葉は商標登録されているらしくサミーが本気で取り組んでいるというのが伝わってきますね。

実は今年の8月にサミー公認の「ディスクアッパー選手権」が開催され現役ライターや一般の方が参加し大きな盛り上がりをみせていました。

 

 

P-SPORTSというジャンルを開拓する理由

 

P-SPORTSというものがどんなものなのかが何となく分かっていただけたかと思いますが何故、P-SPORTSというジャンルを開拓する必要があったのでしょう?

パチンコパチスロユーザーなら一度は経験があると思いますが、自分がパチンコパチスロをしている話をすると馬鹿にされたり軽蔑される。或いは直接、そのような経験がなくてもネットなどでそのような言葉を目にする。

昨今、問題視されているギャンブル依存症問題などもありパチンコパチスロは世間的に批判される娯楽となっているのは事実です。

こうしたイメージのあるパチンコパチスロを健全でスポーツ的な部分もあるんだよと訴える為の取り組みなのかもしれませんね。

そもそもがギャンブルでなく遊技として定義されているパチンコパチスロを競技化するのは悪くない発想なのかも。

 

超ディスクアッパー選手権

 

P-SPORTSの第一弾として開催されるのが【超ディスクアッパー選手権】

ディスクアップは技術介入要素が大きく、最低設定の1でもフル攻略できれば機械割103%という甘い機種。

超ディスクアッパー選手権ではビタ押しのスピードや正確性を競い目押し自慢のチャンピオンを決める大会だと公式ページに書かれていた。

超ディスクアッパー選手権には業界メディア関係者以外の18歳以上の方が参加料無料で参加できるらしく各地区で予選が開催されるとのこと。

 

東京予選

2020年1月18日

会場:サミー東京支店

 

大阪予選

2020年1月25日

会場:サミー大阪支店

 

福岡予選

2020年1月25日

会場:サミー福岡支店

 

決勝大会

2020年2月22日

ユニバカ×サミフェス2020会場内

 

尚、優勝賞金はサミーの語呂から331万円となっている。

ディスクアッパーと呼ばれる人たちは多いので盛り上がりそうな気がしますね。

 

この、超ディスクアッパー選手権開催の発表に対し様々な反応がありました。

一番、多かったのが設定を同じにしても運の要素で出玉は変わるというものでしたが、YOUTUBEを見る限りでは超ディスクアッパー選手権専用の筐体を使用しビタ押しに特化した競技となっている。(液晶に表示された停止系を自分で目押しする)

出玉のような運要素の強い部分は競技に入っていないので、この辺りはクリアしていると言っていいだろう。

しかし、これはパチスロではないとも言える…

 

詳しいルールについてはこちらの動画をご覧ください。

 

 

P-SPORTSについて思う事

 

P-SPORTSというジャンルを開拓する理由が世間のパチンコパチスロに対するイメージ払しょくの為のもだとするならば個人的には反対です。

スキルを競う大会を開催するのは全然、悪くないと思いますがこれをSPORTSと呼ぶのには抵抗がありますね。

最近ではe-スポーツなども注目されていますがスポーツという言葉は使って欲しくはないかな…

勿論、相当な努力をされていると思いますがアスリートとは思えません。

まあ、古い人間なのでこのような否定的意見になるのでしょうが…

 

スポーツと呼ぶかどうかで否定的な意見を出しましたが正直、この部分は個人的には些細な事で本題はここから。

私はパチンコパチスロユーザーですが世間的に批判されようが全く気になりませんし寧ろ批判する方々の意見は至極真っ当だなと感じています。

自分で言うのもなんですが大体、あんな筐体で遊ぶために大金を突っ込んでいるような人間がまともな訳がない。

それがたとえ、年間収支で勝っていようが関係ありません。

パチンコパチスロだけでなく競馬、競艇、競輪などの公営ギャンブルをやっている人も同じだと思っていますね。

近年、規制の影響が大きく衰退し世間的なイメージも悪いパチンコ業界がイメージ回復を図りたい気持ちは分からなくもないですが、そういいう意味でP-SPORTSというジャンルを開拓しようとしているのならば個人的には反対ですね。

パチンコパチスロをしている奴なんてクズと思ってもらえる方がこれからも堂々とホールに通えそうな気さえします…笑

何をやってもパチンコパチスロに対する批判が無くなる事はないと思いますよ。

関連記事

関連コンテンツユニット




New★Approach


-パチンコ・パチスロ

error: Content is protected !!

Copyright© 人気パチンコパチスロライターNew★Approach , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.